引っ越し前に是非目を通したい!家具の購入・引取や入居後に気をつけたいあれこれ集!

>

パートナーと相談しよう!入居後のあれこれ

入居後気をつけたい健康のあれこれ

1.アレルギー
普段から知る機会の多いアレルギーには、同居後こそ注意が必要です。
例えば卵アレルギーの方。すき焼きなどで卵に付いた箸を使い回して症状が出たケースがあります。
パートナーが食物アレルギーの場合は使い回しに充分注意が必要です。
また、パートナーがアレルギー持ちの場合は必ず症状が出た時の対処法を教えてもらっておきましょう。

2.生理
生理とはおよそ月一回のペースで女性に訪れる現象です。人によって症状もその重さも出血量も違いますが、大抵の場合腹痛とだるさと貧血を伴います。また、生理前にイライラするなどの現象も現れます。
同棲・結婚前は会うときだけ我慢すると言うこともできますが、同居後に家でずっと我慢するのははっきり言って無理です。
基本的には薬を飲んだり、体を温めると良いでしょう。
また症状にばらつきがある分してほしい事も人それぞれです。
パートナーに要望を訊いてできるだけ叶えてあげてください。

シックハウス症候群

1.シックハウス症候群とは
建材などから発生する室内空気汚染による、目がチカチカする・鼻水・喉の乾燥・頭痛などの症状のこと。人に寄って症状はまちまち。
見分け方としては室内に入ると症状が発生するが、外に出てしばらくすると症状が治まる等。

2.対策
対策としては換気・掃除・リフォームです。
空気汚染が原因なので、空気を入れ換えるのが有効打となります。
また、カビやダニなどが空気汚染の原因だったりするのでこまめな掃除も重要です。
建材が原因の場合はリフォームも考えましょう。リフォームの際は業者の方にしっかり素材に関して要望を伝えることが重要です。
賃貸の場合は大家さんへまず相談しましょう。
シックハウス症候群は全国の多くの自治体で相談窓口があるようです。


この記事をシェアする