引っ越し前に是非目を通したい!家具の購入・引取や入居後に気をつけたいあれこれ集!

>

新しく家具を購入する際、気をつけたいこと

家具選びで気をつけたいこと

1.できるだけ好みの一品を探す
長く使うならもちろん好みの家具や小物の方がいいですよね!その場しのぎで選んでしまうのはとてももったいない。
通販サイトを覗いたり、たくさんのお店を回ってみたり。
「生地以外は好みなのに生地が好みじゃ無い…」という場合は、どんなソファ(もしくは椅子)にもフィットするカバーを探すと解決すると思います。

2.大手企業の製品を選ぶ
長く使いたくても、不注意や事故などで家具が破損してしまうこともあります。
その際、大手企業の場合は家具の修理を受け付けている可能性が高いです。

3.部屋にちゃんと合うか想像する
買おうかどうか迷ったら、既存の家具に合うかどうか、部屋の写真を撮影して確認するのも良いでしょう。
部屋の雰囲気に合わなくても「この家具がどうしても気に入った」ということなら合わなくても購入してもOK。
けれど、結婚・同棲の場合はきちんとパートナーに相談しましょう。

お部屋づくりで気をつけたい注意点

1.部屋のイメージや色を絞る
例えばキュートな部屋の中に突然ロックなイメージの家具が一つだけあったら違和感がありますよね。
また、あまりにもたくさんの色が溢れていると落ち着かず、疲れてしまう人もいます。
結婚・同棲の場合は万人受けするナチュラルテイストがおすすめ。
部屋のイメージに合わないけど、好きな小物がある場合は押し入れやクローゼットの中を専用のスペースとして改造してしまう手があります。

2.100均のアイテムを使う
ティッシュ箱などのプリントが部屋に合わないのならば、100均ショップでカバーかケースを買ってきましょう。
詰め替えは少し手間ですがずっと使っていると愛着が湧くはず。

3.背の高い家具は部屋の手前に置く
背の高い家具は圧迫感があります。なので部屋の奥に置くと、部屋が狭く見える原因に。
一方、人間の視野は近くて横にある物は見えにくくなっています。それを利用して、入り口の近くに置くと良いでしょう。


この記事をシェアする